京都大賞典は稼ぐチャンス。 穴党記者たちが「この2頭」で一致した!

LINEで稼げるネタを日々を配信中!
友達追加すると期間限定で即金で10万円稼げる情報をプレゼントします。
スマホから見ている方は下記のボタンを押して友だち追加してください。
友だち追加
もしくはLINEアプリ内の「その他」>「友だち追加」>「ID検索」から、以下のIDを入力して友だち追加してください。
@ajy7907m

京都大賞典は稼ぐチャンス。
穴党記者たちが「この2頭」で一致した!
例年、秋の古馬GI戦線に向けて、有力馬がその”叩き台”として臨むことが多いGII京都大賞典(10月9日/京都・芝2400m)。昨年はキタサンブラックが、一昨年はラブリーデイが、GI馬の貫禄をここでも示して、その後の栄冠獲得につなげてきた。

LINEで稼げるネタを日々を配信中!
友達追加すると期間限定で即金で10万円稼げる情報をプレゼントします。
スマホから見ている方は下記のボタンを押して友だち追加してください。
友だち追加
もしくはLINEアプリ内の「その他」>「友だち追加」>「ID検索」から、以下のIDを入力して友だち追加してください。
@ajy7907m

 今年はどうか。人気を集めそうなのは、GI天皇賞・春(4月30日/京都・芝3200m)の2着馬シュヴァルグラン(牡5歳)と、昨年のGIジャパンカップ(東京・芝2400m)など、3度のGI2着があるサウンズオブアース(牡6歳)、そして同じ舞台で行なわれた年明けのGII日経新春杯(1月17日/京都・芝2400m)を制したミッキーロケット(牡4歳)といったところだろう。

 過去、京都大賞典は比較的堅い決着が多いだけに、これらの有力馬を買っておけばよさそうなものだが、前述のキタサンブラックやラブリーデイと違って、いずれもGI未勝利。他のメンバーを見ても、GI2着の経験を持つ馬はトータル6頭もいるが、今年はGI馬の出走がなく、絶対的な存在が不在で多分に波乱の要素を含んでいる。

 日刊スポーツの松田直樹記者は、今年のメンバーを見渡してこう語る。

「同じ週に行なわれる毎日王冠(10月8日/東京・芝1800m)は、GI馬が5頭も参戦。それと比較して、こちらは少し寂しいメンバー構成になったと言えます。また、こちらはGI天皇賞・秋(10月29日/東京・芝2000m)より、その先にあるジャパンカップ(11月26日/東京・芝2400m)を意識した、長距離指向が強い馬たちがそろった印象です。
WILD NATURE CHANNEL : goo.gl/qV8emL
GOOGLE +: goo.gl/7qvPTK
TWITTER : https://twitter.com/WILDNATURECHANN
FACEBOOK : https://www.facebook.com/WILD-Nature-207184966456966/

LINEで稼げるネタを日々を配信中!
友達追加すると期間限定で即金で10万円稼げる情報をプレゼントします。
スマホから見ている方は下記のボタンを押して友だち追加してください。
友だち追加
もしくはLINEアプリ内の「その他」>「友だち追加」>「ID検索」から、以下のIDを入力して友だち追加してください。
@ajy7907m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする